首がまっすぐ!実はそれが良くない?腰痛を誘うストレートネックとは?

本記事は、2009年3月5日に掲載された、G-Search sideB記事を再掲載しています。

小生、数年前から腰痛に悩まされてまして、いろいろ試しました。

ご参考までに、私が数年に渡り情報収集して試した医者や接骨院リストです(改めて、いろいろやったのに驚きです)。

K病院(脳外科、整形外科、内科)
Sクリニック(整形外科)
Mクリニック(整形外科)
K大学病院(脳外科、整形外科)
Nカイロプラクティック(カイロプラクティック)
I整骨院(カイロプラクティック)
M整骨院(吸角療法)

これだけ試しましたが、小生にとってこれだ!というのはまあ1件かなという気がしました(最後に行ったM整骨院:埼玉県戸田市)。でも、またすぐに不調になるという繰り返しでした。

しかし、直近でM整骨院に行った帰りがけに、「椅子に座っているのもつらくなってきました。」と先生に言ったところ、なんと「首からきてるんだよ。」「えっ、腰が痛いのが首が原因なんですか?」「背骨がつながってるだろ。」小生納得しました。

あまりにしんどいので、間もなくして、整形外科で首と腰のレントゲンを撮ってもらいました。すると・・・・

腰は特に異常無し。それは、上記いずれの医者でも言われた事と同じ。
しかし、これは初めての話でした。

「首がまっすぐですね。ストレートネックと言って、現代人の5人に1人はそういう首の人がいますよ。」と。じゃ、治療法は?原因は?と『新聞・雑誌記事横断検索』を使い、調べ始めました。

目次

  1. ストレートネックとは?
  2. ストレートネックの原因
  3. ストレートネックの治療や解消法
  4. 最後に

ストレートネックとは?

慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の生理的なカーブが失われ、このストレートネックになる。

ストレートネックには以下の症状があります

  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 首が痛い
  • 上が向き難い
  • めまい、ふらつき感がある
  • 手にシビレ(しびれ)がでる
  • 寝違いを繰り返す
  • 吐き気がする
  • 自律神経失調症

※小生の場合、上半身の痺れ(酒の飲みすぎかなあ?と思っていましたが・・)

ストレートネックの原因

ずっとうつむき姿勢で作業を続けること。つまり、パソコンだあ!うつむいて本を読むのも良くないようです。あと、うつむいての台所仕事。とにかく、うつむくのは良くないです。上を向いて歩こう!じゃないですが、前を向いて行きましょ。

ストレートネックの治療や解消法

ストレートネックを解消するには、アイソメトリックス(等尺性収縮運動)が効果的のようです。

  1. 首を前後左右にゆっくり倒します(1方向3秒ずつ)
  2. 両手を頭の後ろで組み、手で頭を前方に押しながら、それに逆らうように首に力を入れる(6秒)
  3. 額に手を当てながら、それに逆らうように頭を前に押し出します。
    (6秒)
  4. 同様に左右も行います(各6秒)
  5. 最後にもう一度首を前後左右に3秒ずつゆっくり倒し
    ストレッチします

この1~5までを、1日に3セットやるとよいようです。

ほかにも、「ためしてガッテン」2007年5月23日放送分の「超ラクチン!首の痛み解消トレーニング」というコーナーで紹介されているトレーニングも役にたつそうです。

  1. 寝転がりながら首の筋肉を鍛えるトレーニング
  2. 寝転がりながら猫背や首・肩のコリを改善するトレーニング
  3. 座った姿勢で首の筋肉を鍛えるトレーニング

最後に

40歳も半ばに差し掛かると、いろいろガタがきますな。

若い方も、いずれ40台を経験します。あたりまえですが。老婆心ながら、今から日ごろの生活習慣に気をつけていただきたいと痛感します。

関連記事