写真や動画のリンク、URLの短縮化?いまさら他人に聞けない twitter(ツイッター)のお作法

本記事は、2010年4月23日に掲載された、G-Search sideB記事を再掲載しています。

前回コラムは、twitter(ツイッター)でつぶやく(ツイート)時の作法についてご紹介しました。
前回コラムを読んだ方はもう、ばりばり?つぶやいている事と思います!
フォローもして、いろんな人のツイートをながめていると、写真やWebサイトへのリンクが付いていたりする事に気がつくでしょう。

「自分も他の人みたいに出先にケータイで撮った写真をtwitterで紹介したい」
「Webサイトを紹介したいけれど、どうすればいいの?」

そんなあなたに、今回は、twitterで写真や動画を連携する方法や、URLの短縮化方法などをご紹介します!

特に今回は、モバイルでの方法もご紹介。
是非、出先で楽しくツイートして下さい!

URLを短縮化するには

twitterには、140文字の文字制限があるので、通常のWebサイトのURLでは文字数の制限に引っかかり、URLが入りきらない場合が出てきます。そんな時に使うと便利なのが、URL短縮化サービスです。

【bit.ly】http://bit.ly/

使い方はいたって簡単。 先ず、短縮化したいWebサイトのURLをコピーします。

bit.lyサイトにアクセスして、トップページの「Enter your long link or file here:」の入力フォームにURLをペーストして、「Shorten」ボタンをクリック。

bit.ly

そうすると、フォームの下に短くなったURLが表示されるので、これをコピーして自分のツイートに追加するだけです。

bit.ly

ブラウザ機能がある携帯なら、ブックマークしておけば、モバイルでも利用できます。 Optionsで自分の付けたいリンク名(Custom Name)にする事もできます。

また、このURLがどのくらいクリックされているかなど、ログ情報も見ることができ、なかなか便利です。

写真や動画をtwitterに連携したい

ちょっと出先で見た、面白いモノをケータイで写真に撮ってつぶやきたい時は写真共有サービスを活用します。

【img.ly】http://img.ly/

img.lyサイトにアクセスして、「Twitter login」ボタンをクリックします。
Twitterのログイン画面が表示されるので、twitterにログインする際のID(メールアドレス)、パスワードを入力してサービスに入ります。

img.ly
プライバシー設定

先ずはじめに、右上のtwitterの自分のユーザー名が表示されている所にある「privacy settings」をクリックして、画像をアップする際のプライバシー設定をします。

img.ly

設定を変えなくても、必ずここで「Save privacy settings」ボタンを一度クリックして設定を保存しないと、twitterに反映されません。

img.ly

パソコンであれば、ログイン後の画面の左上Choose an imageの「ファイル選択」ボタンでアップロードできます。

img.ly

次に携帯など、モバイルの場合の設定方法をご紹介します。

先ほどの「Save privacy settings」のとなりにある「email settings」をクリックすると写真送信用のメールアドレスが表示されます。

img.ly

このメールアドレスを携帯などの登録しておきます。
携帯からは、このアドレス宛てに写真を添付してメールします。

twitterでは件名がツイートとして表示されるので、件名にコメントをいれましょう。

img.lyの他にも、【twitpic】(http://twitpic.com/)なども有名ですが、まれに日本語が化ける事があります。twitpic.comはとても携帯で使い勝手が良いのですが、iPhoneでは日本語が文字化けしてしまいますので、今回はimg.lyをご紹介しました。

それぞれ試して、文字化けしない方を使うとよいでしょう。

モバイルの位置情報サービスに注意!

Google Buzzがサービススタートした際、位置情報が表示されてしまうと問題になりましたが、モバイルでの写真共有ができるこれらのサービスも実は、位置情報機能を使って位置情報が表示されてしまいます。

携帯やスマートフォンで、うかつに「自宅にいます」と写真をアップすると、自宅の場所を知らず知らずのウチにさらしてしまうことにも。。。

iPhoneや位置情報サービス機能のあるモバイルの方は位置情報サービスの設定を普段はオフにしておく事をオススメします。

また、ストリーミング動画を配信するサービスには、「ustream」や、「twitcasting」などがあり、写真と同じように、twitterと連携ができます。

動画はまだまだ利用する人は少ないですが、今後増えていくことが予想されます。

【ustream】http://www.ustream.tv/
【twitcasting】http://twitcasting.tv/

いかがでしたでしょうか。これでモバイルでのツイートがより楽しくなったのではないでしょうか。

参考

関連記事