「iPad」ついに日本発売!!ビジネス利用にどう役立つ?!

本記事は、2010年6月1日に掲載された、G-Search sideB記事を再掲載しています。

ついに日本発売を果たした注目度No1アイテムの「iPad」。

ブラウジングからゲーム、動画、電子書籍などさまざまな用途がありますが、中でもビジネス用途での利用が注目されています。今回は気になるiPadのビジネス利用についてG-Searchの新聞・雑誌記事横断検索を使って調べてみました。

目次

  1. iPad、ビジネスではどう使う
  2. パンフレットの代わりに「みずほ銀行」導入予定
  3. 教育現場での導入

iPad、ビジネスではどう使う

まず考えられるのが、プレゼンテーションツールとしての活用。
プレゼン資料を持ち運ぶ事はiPhoneでも出来たが、今回きれいな画面が大きくなった事で活用シーンが大幅に広がりそうだ。

印刷資料の代わりに、客先でプレゼンする際に最適だ。
色や動き音を混ぜたプレゼンを、何人かに同時で見せる事ができる。
早速購入したビジネスマンによると、お客さんへの訴求力が紙より良いと、評価されていた。

また「みんなで一緒に画面を見て、知恵を出し合える。『1対多』のコミュニケーションが可能になる。パソコンとの大きな違いだ」と期待する声もあった。

パンフレットの代わりに「みずほ銀行」導入予定

みずほ銀行は7月から都内の支店数箇所に、iPadを置く予定がある。

銀行窓口で、呼出しの順番を待つ間に、年金受け取りやローン返済のシミュレーションを見せたりするそうだ。「パンフレットより興味をもってもらえるのでは」という声もあるが、細かく発生する、パンフレット改訂の対応が容易という利点もありそうだ。

エコや省コストにも繋がるかもしれない。

教育現場での導入

名古屋文理大学の情報文化学部情報メディア学科では、来春の新入生全員にiPadを配布する事とした。画面を通じて、教員と学生が情報共有しあう双方向の授業を想定しているという。

既にiPhoneを導入している青山学院大学の例によると、テキスト以外の教材資料の配信や学習問題集の運用。授業のビデオ配信などを実施している。

また、授業の出席やアンケート集計、テスト結果のランキング表示など、活用方法はいくらでもありそうだ。

参考

関連記事