夏期連続休暇!!何する?!どこ行く?!

本記事は、2011年8月5日に掲載された、G-Search sideB記事を再掲載しています。

ジー・サーチでは、この夏節電のために各々9日間の連続休暇を取得することになりました。9日間…お正月より、ゴールデンウィークより長いです。さて、どのように過ごしたら良いでしょうか?

家にいるとDVDでも借りてアイスでも食べながらダラダラしてしまいそうです。悲しいかな我が家のテレビはなかなかの高熱を発するので、体力か電力かどちらか(いや両方?!)を奪われそうです。

それならいっそのこと、ブレーカーも落として長期どこかへ行ってしまおう!そんなわけでこの夏の旅行計画について、G-Searchデータベースを使って検討してみました。

目次

  1. さてどこへ行こう?
  2. 夏休みも復興に貢献しよう!
  3. 海外へ行くならいまがチャンス!

さてどこへ行こう?

以前から狙っていた行き先がある方はこの機会に行ってしまいましょう!急に決まった9連休、どこへ行くか決めるのも難しいという方は、人気の旅行先をチェックしてみてはいかがでしょうか。

どうやらさまざまな旅行会社で旅行ランキングを発表しているようです。数社のランキング結果を眺めてみましたが、国内では「北海道」「沖縄」「九州」あたりが上位の常連となっています。海外では「韓国」「グアム」「ハワイ」等々の国名・地域名があがってきています。

いつも行っているという方も、今年は滞在を長くして、観光だけではない現地の生活に溶け込んだ生活を満喫できるかもしれません。

ホテルに泊まるのをやめ、スーパーや市場で食材を買ってコンドミニアムで自炊。国内でもスーパーで売っている食材は地方により多種多様だそうですよ。

噂によると福岡のスーパーではイカ売り場が広大だとか。となると、いつも普通にやっていることも、旅行先ならエンターテイメントになるのでは?いかがですか?この中に目的地候補はみつかりましたか?

夏休みも復興に貢献しよう!

人気の旅行先にピンと来ない方。どうせお金を使って出かけるなら、被災地の経済を活性化させるというのはいかがでしょうか。

被害の小さかった地域でも、観光客が減少してしまっています。この機会に自分も楽しみながら、被災地周辺の経済を活性化させちゃいましょう!なかには東北旅行に助成金を出す機関もあるみたいですよ。

奥州平泉に世界遺産の金色堂を見に行くもよし、真夏も涼しい鍾乳洞・岩手の龍泉洞で天然のクーラーと、高い透明度がもたらす美しい水色を堪能するもよし。

もっともっと遠くまで頑張って奥入瀬渓流散策も涼しげですね、遊歩道も整備されていて日ごろの運動不足解消にも効果的かも。大自然派でも史跡派でもきっと満足できる場所が見つかるはずです。

東北地方に観光で行く他にもう一つ、まだまだボランティアツアーもありますので直接貢献もできますよ。

海外へ行くならいまがチャンス!

せっかくの夏休み、普段行けない究極の遠隔地=海外に行きたい方もいらっしゃいますよね。

この時期海外旅行の追い風となっているのが「円高」。
一時は1ドル77円台まで達した円高で、海外旅行の申し込みが増えています。

ジー・サーチと同様、例年より休暇が長くなる人が増えていることとあいまって、ある旅行会社では昨夏より申し込みが1割も増えているとか。

残念なことですが、震災と原発の影響で来日する観光客が減っており、海外便に余裕が生じていることもあって、海外旅行の予約が例年より取りやすくなっているということもあるようです。

9日間もあれば、地球上のたいていの場所には行けちゃいます。場所によっては弾丸ツアーを楽しんだり、ご近所での長期滞在で新たな発見をしたり、いつもと違う夏休みを満喫してはいかがでしょうか。

留守宅の家電のコンセントを根こそぎ引っこ抜き、公共交通機関を利用して飛び立てばかなりの節電になりそうですね。どうせなら楽しく節電しちゃいましょう!

節電しながら巣ごもりの夏休みの方はくれぐれも熱中症とペットボトル症候群にお気をつけくださいね。

関連記事