営業が知っておきたい、新聞記事を使った情報収集術

営業パーソンにとって、お客様に関する情報収集が重要です。初対面のお客様と会う時に、その人や会社の情報を何も知らなければ困りますし、すでに付き合いのあるお客様であっても、深く相手の事を知る事で、新しい商談の機会を掴めるかもしれません。

例えば、お客様が取り組むビジネスのテーマや課題、業界の動向、競合他社の取り組みなどの情報を把握しておけば、お客様の課題を解決する的確な提案を考えることができます。また、競合他社などの活動情報は、その業界の動向を知るだけではなく、お客様への情報提供として喜ばれます。

こうした情報を押さえている事で、お客様から見れば「自分たちのことをよく調べてくれる営業担当だ」と、信頼を得やすくなるというメリットもあります。

しかし、情報収集を効率よく行うのは容易ではなく、時間と手間がかかることから断念してしまう人も多いようです。 そこで、役立つのが「新聞記事の検索サービス」です。新聞という信頼性の高い情報源から、お客様を取り巻く業界の動向を、スピーディー、かつ、的確に把握することができます。ここでは、新聞記事検索サービスを活用した、営業に役立つ情報収集の方法を解説していきます。

新聞記事は営業に役立つ情報の宝庫

ビジネスに関する情報は、信頼性の高い情報源から情報を収集することが大切です。
情報源として一番身近でおすすめできるツールが「新聞」です。

新聞は、情報の信頼性に優れているのはもちろん、プロの記者によって分かりやすく記事化されており、情報の理解スピードもぐんと高められることも、忙しい営業パーソンには大きな魅力でしょう。また、特定の出来事が継続的に取材されることも多く、時系列で推移を知る事もできます。

情報収集としては、WEB検索という方法もありますが、個人ブログなど真偽の不明な情報も溢れており、ビジネス情報の収集先としては信頼性に欠けるところがあります。情報の裏付けを取ろうとした場合、結局、新聞記事などを調べる必要が出てきてしまいます。

また新聞には、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞などの全国紙だけでなく、各地域で発行される地方紙や、業界や専門分野別に発行される業界紙など、種類が多彩で、ビジネスに関する多くの情報を得ることができます。 例えば、お客様の競合他社の業界動向や活動の事例を集めることや、地方のお客様であればその地域特有の情報を得ることもできます。

さらに、訪問先が会社役員のキーパーソンに関する情報も新聞なら収集できる可能性があります。新聞には営業活動に必要な情報の宝庫なのです。

新聞記事の情報収集なら、記事データベースが最適

情報源として非常に便利な新聞ですが、必要な情報を収集するのに時間がかかるデメリットがあります。大量の記事バックナンバーをすべて読み込んで情報を得るのは膨大な手間と時間がかかります。全国紙、業界紙、地方紙など、あらゆる新聞に目を通すのも現実的ではないでしょう。

そこで注目したいのが、「G-Searchデータベースサービス」です。
G-Searchデータベースサービスとは、150種以上の新聞や雑誌から記事を検索できるサービスです。新聞社やニュースサイトでも、記事が読めるようになってきましたが、掲載期間が短いケースや、新聞に掲載された一部の記事だけが掲載されることが殆どです。G-Searchデータベースサービスでは、全国紙、業界紙、地方紙など約150媒体を対象に、なんと最大過去30年分の記事から検索をすることができます。

また価格が安く抑えられることも大きな魅力です。
個人会員なら、月会費300円と使った分だけ支払する従量料金で利用できますので、価格面でお悩みの方にもおすすめです。

新聞記事検索サービスで、効率的・効果的な情報収集をしよう

営業活動に役立つ情報が、新聞記事検索サービスを活用することで、素早く効率的に収集することができます。新聞は信頼性が高く、ビジネスに関する多くの情報を得ることができます。そして、G-Searchデータベースサービスなら150種以上の新聞・雑誌記事から必要な情報を検索機能でピックアップすることができます。
新聞記事検索サービスを活用することで、営業活動における情報収集力を高めてはいかがでしょうか。

関連記事