G-Search SAGAS

G-Search SAGAS 全てのビジネスパーソンの生産性を「ちょっと上げる」ビジネス情報収集ノウハウサイト

24年ぶり、上ハンシンに続き、下ハンシンが!!!カーネルおじさん奇跡の生還!?

Pocket

本記事は、2009年3月12日に掲載された、G-Search sideB記事を再掲載しています。

大阪・ミナミの道頓堀川の川底で、3/10「上半身」発見に続き、3/11「下半身」「右手首」も見つかり、 「呪いが解けた」と最近、話題となっているカーネル・サンダース人形。

そう、ケンタッキーフライドチキンの店頭に設置してある、あの大きい「人形」だ。
立地条件の都合などで、一部設置されていない店舗もあるとのことだが、ほとんどの店でみかける創業者の像。

そんな有名な人形ではあるが、「カーネル・サンダースの呪い」という言葉を、このニュースで初めて知った・・・。

ということで、さっそくG-Searchの『新聞・雑誌記事横断検索』を使って「カーネル・サンダースの呪い」を調べてみた。

カーネルおじさん川底に沈む・・・

そもそも、1985年の阪神タイガース優勝時、当時の助っ人外国人「ランディ・バース」選手に似ていること も手伝って当時の道頓堀店前に置いてあった人形を一部ファンが胴上げ。今回の発見現場の東約200メートル の戎橋から川に放りこまれたとのこと。

その後、テレビ番組での企画などでも何度か捜索されたが、見つからず、1985年以降、阪神タイガースが「日本一」 になっていないことを「カーネル・サンダースの呪い」といった。

カーネルおじさんの受難

店舗にしてみれば迷惑な話だろうが、「人気者」のおじさんは過去にも数々の被害にあっているようだ。

連れ去られ、置き去りにされ、店員が迎えに行く・・・メガネ・ステッキのみ取られちゃう等が相次ぎ、現在では 「ボルトで固定し、盗難を防いでいる。」そうだ。

お祭りイベント・優勝等のXデーに備えては、店内に緊急避難させる対策がとられたりもしており、KFC 阪神甲子園店の「おじさん」は重量300kg(KFCホームページでの公表サイズ(標準?)は26kg)もあった というから、対応も大変だったと思う。

2002年サッカーW杯の際には、日本代表の勝利に熱狂した群衆から“暴行”を受ける騒ぎがあった。
何者かが人形を持ち上げて数メートル放り投げ、群衆の中の若い男らが倒れた人形をけったり、馬乗りになって殴る などした。人形は手首を持ち去られることがあった。

・・・って、(川に投げ込むことも含めて)歓喜のあまり・・・というにはあまりにも酷過ぎ・・・ますよね?

カーネル立像の歴史

原形は、カナダのあるフランチャイズ店舗で作られたもの。イベントで使用された後は倉庫で眠ったままになっていた。 視察で北米を訪れた日本KFCの幹部がその立像をみつけて、日本に持ち帰った・・・んだそうです。

1979年にKFCインターナショナル北太平洋地区のリージョナル・オフィスが日本にでき、環太平洋地区への出店や技術指導 などで日本のスタッフが協力することになったのに伴い、ハワイ・タイ・フィリピン・韓国・台湾・中国などの新店舗にも 日本から立像を送って設置した。

現在では、米国やフランスなどの欧州にも日本から送った立像が立つ店もある。
・・・立像設置が、日本の店舗から世界に広がっていったなんてビックリ。

何故今、(24年ぶりに)姿を見せたのか?「呪い」はこれで終わるのか???これからはじまるのかもよ??? というわけで、お人形は大切に。呪い解けて、タイガース日本一になっても、もう投げちゃダメだよ。

(もう存在しているのかも知れませんが)カーネルサンダース×阪神タイガースコラボグッズなんか発売したら売れるのでは? 私は阪神ファンではないが、関係業界の皆さま、ご一考下さいませ。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。